平智之の活動ブログ

2013年5月

良い金融緩和と悪い金融緩和

2013年5月20日 00:28


●平さんは金融緩和に賛成ですか?
 昨日の時局報告会in東京で、参加者のお一人からご質問がありました。
・自分はみんなの党を支持している
・みんなの党は金融緩和派だと思う
・平さんは金融緩和に賛成しているか?
という主旨でした。

●悪い金融緩和と良い金融緩和がある
 私からはサブプライムローンやAIUの公的救済に向かった"悪い金融緩和"と、国のバランスシートを改善する"良い金融緩和"があるという話をしました。だから、金融緩和がプラスになるなら賛成だし、マイナスになるなら反対というお話をしました。その際に、質問者から「ブログに書いてほしい」というご要望を貰いましたので、約束どおり以下に書かせていただきます。

●私のレベルを知ってもらうために書きます
 以下の内容は、どうにも難しくて、それはつまり私の理解が浅い証拠だと思います。しかし、私の金融政策に対する考えやレベルを知ってもらうためにも、思い切ってここに記録しておきます。

●QEは手段に過ぎず、BSが改善するかどうかが重要
 私からは報告会でおおよそ次のお話をしました。
・結論から言うと、金融緩和に賛成かどうかは、
・どのような金融緩和か?による
・アベノミクスで行っている金融緩和は量的緩和(超買いオペ)
・量的緩和というのは米国のQE(quantity easing)の和訳
・市場のお金の流通量を強引に増やす作戦
・そのお金が日本の毛細血管に行きわたって、
・需要を喚起できれば成功する可能性がある
・しかし、日銀の口座に積みあげられた各市中銀行の円は、
・日本国内ではなく、より利回りの高い、たとえば仏国債などに回っている
・必ずしも日本国内に流通しているとは言えない状況だ
・さて、米国にはbalance sheet policyという言葉がある
・いわば「バランスシート改善政策」というような意味
・BSを改善するうえでQEはひとつの選択肢だと思うが、
・QEは手段であって目的はあくまでも国のBS改善である
・アベノミクスのQEが日本のBS改善につながるかどうかが重要
・金融緩和に賛成かどうか?ではなくBSが改善するかどうか?が本来の質問

●MBSの大量購入がはたして良いか?
 そのうえで、日本のBS改善についての自分の意見をいくつか述べました。こうした話は、禁原発の議論とは異なり、まさに経済政策そのものの話なので、慣れていないせいだと思いますが"長々と"話してしまいます。質問者にはとても分かりにくい説明だったと思います。特にMBS(住宅ローン債権担保証券)の話は住宅バブルの根っこなので重要なのですが、うまく伝えられませんでした。言いたかったことは次の様なことです。「現在も米国のQE3ではFOMCが主導してMBSを大量購入している。SPCを通じてかき集められるMBS購入のお金が、住宅ローンの貸し手(銀行等)のリスクをMBSの投資家に移してしまうために、結局貸し手(銀行等)の査定が甘くなって焦げ付き、最終的にはMBSの流動化に貢献したCDSを大量に販売したAIUを破綻から救うために公的救済したという、つい先日のサブプライムローン問題を繰り返しかねない。」

●わかりやすく、簡潔に
 とどのつまりは「国民による代位弁済を強いるような類の金融緩和はもう繰り返してはならない。」という話だったのですが、つい難しくなってしまいました。禁原発の話と同じように、「わかりやすく簡潔に」を心がけます。

目的は高速増殖炉計画の廃止

2013年5月15日 14:52

決算行政監視委員会.JPG


●規制委がもんじゅを止めた?
 昨日、「平さん、規制委がもんじゅを止めましたね」「画期的だと思います」とのご意見を伺いました。おそらくご理解だと思いますが、念のため、規制委が止めたのは"再開"であって"運転"ではありません。

●止まったのは運転ではなく再開
 もともと、もんじゅは運転(つまり発電)が不能になっています。1995年にナトリウム漏れ事件を起こして以来、運転できないでいます。配管を流れる金属ナトリウムを溶かすのに、毎日大量の電気を使っていますが、電気を作ることはありません。そこでJAEAは本年度になって、国費(40~50億円)を投入して運転再開に向けた点検・検査等をしようとしていたのです。つまり、今回規制委が止めたのは運転ではなく「再開に向けた準備」でした。

●170億円の利権は温存
 「画期的だ」と多くの国民が思われるとすれば、今回の「止めた」で2つ留意すべき点があります。ひとつは、再開を止めても現状において約170億円もの整備費が毎年つぎ込まれている点です。「止めた」という言葉で、あたかも予算が削られた印象を与えますが、そんなことはありません。私は、議員在職中(2011年11月17日)に決算行政監視委員会の小委員会で質問に立ち、文科省の高速増殖炉予算を100億円カットしましたが、今回の「止めた」でその水準が維持されただけです。再開に向けた準備のための点検等の新たな費用が使えなくなっただけで、依然としてムダな170億円が投入されているのです。

●1万点の点検漏れで100億円以上が使途不明ではないか
 文科省とJAEAは、「この170億円で安全点検をするのだ」と断言していました。だから運転しなくても170億円は必要なのだと。それに対して私は2011年の決算行政監視委員会で「整備だけでこんなに巨額の予算は不要なはずだ。廃炉前提なのだから電気代込みの30億円程度でよい。」と指摘しましたが文科省側は首を強く横に振っていました。結果は今回の報道のとおりです。点検1万点漏れ。何もやってなかったのです。170億円のうち、ナトリウムを溶かす電気代(数十億円)を除いた100億円以上はいったいどこへ消えたのでしょうか?

●もんじゅは原型炉に過ぎない
 もうひとつの問題は、もんじゅが高速増殖炉研究の原型炉に過ぎないということです。つまり、もんじゅは高速増殖炉研究のひとつの段階に過ぎないのであって、たとえもんじゅが運転不能で廃炉になっても、それは高速増殖炉研究の終了を保証しないのです。そのあたりの問題点は2011年12月11日の私のブログ「ターゲットはもんじゅだけではない」で意見を述べています。

●高速増殖炉は核燃料サイクルの砦
 もんじゅが、このまま運転不能になって、たとえ廃炉に向かっても、高速増殖炉研究そのものを廃止しなければ、いつでもお化けのように登場するのが核燃料サイクルと高速増殖炉です。脱原発・禁原発の目的はもんじゅの運転停止と廃炉ではなく、高速増殖炉計画そのものの廃止です。


平の論点13  「原発という破綻のシステムからの決別を」(5分59秒)

2013年5月 1日 22:27

平の論点13 「原発という破綻のシステムからの決別を」の動画(5分59秒)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/bwFm67IpBSw

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

平の論点12 「禁原発こそが日本の成長戦略の源である」(1分30秒)

2013年5月 1日 22:27

平の論点12「禁原発こそが日本の成長戦略の源である」の動画(1分30秒)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/lrnM15LCKpE

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

平の論点11 「他国の原発事故に備えて原発を稼働する必要はない」(1分22秒)

2013年5月 1日 22:25

平の論点11「他国の原発事故に備えて原発を稼働する必要はない」の動画(1分22秒)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/6TIONr0tA-I

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

平の論点10 「廃炉のために 原発の技術は必要ない」(1分)

2013年5月 1日 22:25

平の論点10「廃炉のために 原発の技術は必要ない」の動画(1分)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/w4DBr1AokPg

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

平の論点9 「原発を利用しないことと CO₂の排出を抑制することは両立する」(1分49秒)

2013年5月 1日 22:24

平の論点9「原発を利用しないことと CO₂の排出を抑制することは両立する」の動画(1分49秒)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/0so0audkYr0

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

平の論点8  「核抑止力のために原発が必要」は詭弁(1分32秒)

2013年5月 1日 22:23

平の論点8『「核抑止力のために原発が必要」は詭弁』の動画(1分32秒)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/QKoHIKm6PzU

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

平の論点7 「原発は安くない」(1分39秒)

2013年5月 1日 22:22

平の論点7「原発は安くない」の動画(1分39秒)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/dNr5L8TcOmE

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

平の論点6 「電気が足りないから原発が必要だ」は誤解(1分50秒)

2013年5月 1日 22:21

平の論点6『「電気が足りないから原発が必要だ」は誤解』の動画(1分50秒)
リンクはこちら⇒ http://youtu.be/Opkq_M362uA

前衆議院議員 平 智之が、
自著「禁原発と成長戦略」(明石書店)の重要な論点を1~2分の動画で解説。
全13本シリーズ。

「禁原発と成長戦略」(明石書店)のご購入はこちらへ

ページの先頭に戻る