平智之の活動ブログ

技術者・技能者が将来を語る

2014年5月 8日 04:18

5月7日写真1.jpg


●技術者・技能者座談会を開催
本日、東京都内で「技術者・技能者座談会」を開催。
テーマは以下の3つ。

テーマ1 食糧小国日本がいかにして「食の安全」を確保するか
テーマ2 成長する諸国(中、印、アフリカ等)と共生する日本の技術戦略とは
テーマ3 戦争を起こさないために技術者・技能者ができること

●10名の参加者
次のような方々にご参集いただいた。
・技術士3名
・一級建築士1名
・ビジネスコンサルタント2名
・空師2名(師匠と弟子)
・環境調査研究員1名
・元国会議員(私)

●将来を語ること
私自身の政治活動の体験に過ぎないかもしれないが、支持者、地元、生活者、業界団体、労働組合の声を聞くことは大切で、それぞれの立場・団体の要望を聞くことから社会の現状の一側面を教えてもらう。しかし、「応援しているから」「有権者だから」「生活者としては」「業界としては」「われわれ組合の立場からは」だけでは「今を考える」ことになっても「将来を語る」ことになかなか拡がっていかない。

●職能や専門を有する個人の集まり
今後とも自分の職能や専門を有する個人の集まりの声を聞いていきたい。そうした個人の集まりで「食料」や「成長戦略」や「戦争」のことなどを語り合う場を広げていきたいと思う。本日の議論内容は追って動画で公開する予定。本日参加いただいた皆さんに敬意を表すると同時に、会場設営・収録で奔走くださった大久保さんに感謝します。


5月7日写真2.jpg

ページの先頭に戻る