平智之の活動ブログ

立候補の決意 平智之(京都1区)

2014年11月27日 20:56

事務所の初期.jpg

選挙直前ようやく場所を確保。これから選挙事務所に作り替える。

平成26年11月26日
立候補の決意
元衆議院議員 平 智之

●立候補の決意
私、平智之は、平成26年12月 2日公示の第47回衆議院議員総選挙に京都1区から無所属で立候補することを決意いたしました。理由は二つです。

●理由1:争点を明らかにする
ひとつは曖昧な争点を明らかにすることです。この選挙について「誰に入れたらよいかわからない」というご意見を多く聞きます。「増税」を問うのではなく「増税の延期」を問うというわかりにくい解散が行われたために選挙の争点もわかりにくいのです。そのわかりにくさに紛れて、国の行く末に大きな影響を与える医療・年金・雇用、集団的自衛権、原発再稼働、そしてなにより東北・福島の復興という極めて重要な問題の争点も見えないままです。とても国政選挙とは思えません。争点を明確にしなければなりません。私は、まず国土強靭化等に流用される現行の消費増税法を凍結ではなく廃止し、もういちど消費税の福祉目的化法案を作り直すこと、集団的自衛権の行使容認と武器輸出(防衛装備移転三原則)の閣議決定を無効化すること、再稼働はもとより原発の使用そのものを禁じる法的枠組に(禁原発推進法案)を提示すること、世界金融の猛威から生活の基盤である地域の経済と雇用を守りうる市場経済の再構築に挑戦すること、そして帰還を強制するがごとき除染一辺倒の復興から帰還者と避難者を同じように守る人権の復興への転換を主張する候補者として立候補いたします。

●理由2:新しい政治軸の種になること
もうひとつは新しい政治軸の種になることです。いま与野党ともに既成政党の疲弊は深刻です。国防軍と軍事裁判所の創設を企図する自民党の憲法改正草案に象徴されるとおり、政府与党の政策は後戻りできない方向へと大きな偏りを見せており、それを元へ戻す力が内部にありません。また先月の解散以降に生じた野党各党の離合・集散・消滅は政策協議というより選挙対策との印象がぬぐえません。その証拠に少なからぬ選挙区で一本化が失敗に終わっています。私は大飯原発の再稼働に反対して一人で与党を離党しました。2009年政権交代からの1期3年3か月で与野党双方の国会議員を経験し、新しい政治の結集軸が必要であると痛感しております。なにより国民の生活に立脚し、個別の政策に幅はあっても、党議拘束を抑制し、同じ理想と理念を共有し続けることができるリベラル再生の結集軸が今こそ必要です。その結集軸の種となるべく無所属で立候補いたします。

以上

●コメントを書く

ページの先頭に戻る