平智之の活動ブログ

3/10(火)19時半、平智之講演会「ベーシックインカムを考える」(東京第1回)

2015年2月10日 00:12

3月10日東京第一回.jpg

●平智之講演会の告知

3月10日(火)平智之 東京講演会を開催します。

・テーマ 「ベーシックインカムを考える」(東京第1回)
     トマ・ピケティの累進課税はBIの財源になえりるか?

・日 時 平成27年3月10日(火)午後7時半~午後9時半
・場 所 スタジオ・ベイド下北沢店Fスタジオ
     東京都世田谷区代沢5-8-14 岩城ビル地下1階
     TEL:03-5432-0040 
・参 加 参加無料、事前申込なし
・主 催 平 智之 info@t-taira.net


<内容>
●高所得者から多く徴税する発想
高所得者ほど高い税率をかけるのが累進課税。だから累進課税を強くすると高所得者から高所得者でない人へたくさんのお金が移動する。(役所がきちんと配ればだが)トマ・ピケティはこの累進課税を使って拡がり過ぎた格差をすこし戻すべきだと主張している。具体的には有資産者が銀行預金や証券などで有している"金融資産"に課税する、あるいはものすごく高い報酬を受け取っている人にもっと多くの税金を課すというしくみを"世界で一緒に"やるべきだと主張している。いま世界で賛同と異論の声が同時にあがっている。

●ベーシックインカムでも累進課税に期待感
一方、「仕事しているかどうか、財産があるかどうかに関わらず、国が個人に最低限の収入を無条件で保障する」というベーシックインカムについても、高所得者・有資産者からの税金を財源にすべきだという意見が以前から多くあった。ここにも賛否両論がある。

●トマ・ピケティの累進課税はベーシックインカムの財源になるか?
「ベーシックインカムを考える」(東京第1回)ではまず私から次の話題を提供したい。
1 ベーシックインカムとはなにか?
2 私が考えるトマ・ピケティのr>g
3 累進課税をベーシックインカムの財源にすることの明と暗

そして後半では「トマピケティの累進課税がベーシックインカムの財源になりえるか?」ということについて参加者との意見交換を行いたい。

トマ・ピケティの「21世紀の資本」に詳しい方、ベーシックインカムに関心のある方(反対の方も)を含めていろんなご意見のみなさんに参加いただきたい。お待ちします。

ページの先頭に戻る