平智之の活動ブログ

4/14(火)下北沢19時半、「ベーシックインカムを考える」(東京第2回)

2015年3月29日 15:03

BI東京第二回_ブログ用.jpg


●平智之主催イベントの告知
4月14日(火)「ベーシックインカムを考える」(東京第2回)を開催します。

・テーマ 70兆円の財源はどこにあるのか?
・日 時 平成27年4月14日(火)午後7時半~午後9時半
・場 所 スタジオ・ベイド下北沢店Fスタジオ
     東京都世田谷区代沢5-8-14 岩城ビル地下1階
     TEL:03-5432-0040
・内 容 第1部:1回目(3/10)議論の続き 第2部:税源はあるのか?
・参 加 参加無料、事前申込なし
・主 催 平 智之 info@t-taira.net


<内容>

●Yes?No?を聞きながら
第1回目(3/10)の「ベーシックインカムを考える」はトマ・ピケティの累進課税がベーシックインカム(BI)の財源になりえるかというテーマだった。以下のような質問(必ずYes?No?を聞く)を私から提示して全員討論を行った。
・そんなことしたら働かない人が増えるじゃないか。「勤労の義務」が大切なのだ
・お金持ちにBIは不要だからやはり収入制限はあったほうがいいと思う
・たとえ納税する市民でも日本国籍がない場合はBIを支給すべきでないと思う
・一人でも生活できる程度の金額をBIとすべきだ
・富裕層にも2種類ある。富を築く者と相続で獲得する者。資産課税は相続税でいい。

●グループに分かれてのディベート
最初の質問「そんなことしたら働かない人が増えるじゃないか。Yes? No?」では本人の意見に関係なく会場の右と左でYesとNoに分かれてのディベート。No(働かない人は増えない)のグループから出た意見(平意訳)が印象に残る。
・何もしないということはとても苦痛
・失業手当をもらっている時は自分が壊れていく気がした
・人は「なにかをしたい」という希望で生きている
収入制限のこと、誰がBIを受け取れるのか、一人で生きることなどについて第1回目の議論をもう少し続けたい。第1回目に不参加の方も歓迎です。

●今回の課題「財源はあるのか?」
今回はあらたに「財源はどこにあるのか?」の入り口を議論したい。ベーシックインカムの私案は成人毎月5万円、未成年毎月2.5万円。これで必要な財源は約70兆円となる。本案の可否はひとまずとして、たとえばこの70兆円を目標とするときに、どのような財源が考えらえるだろうか。固定資産税のような資産課税、収入にかかる所得税や法人税、住んでいることにかかる住民税、消費にかかる消費税などについて、いろんな角度から議論したい。

●強制BIと自発BIという考え方
 実は第1回目の後、参加してくれた方からこんな考え方を教えてもらった。ベーシックインカムには2種類ある。
・「強制ベーシックインカム」政府が法的にBIを実施し、税などの形式でBI原資を集める
・「自発ベーシックインカム」BI賛同者のネットワークで参加者が自発的にBI原資を出し合う
自発BIは刺激的な発想だ。情報通信技術の進歩で公的なBIよりも先に私的なBIが実現する可能性を感じさせる。すこし議論してみたい。

●総合司会はアーチストの虎岩正樹さん
ところでこの討論イベントにはルールがある。私は政治を経験した者として課題や事実や論点の提供に徹し、参加者からの意見に異を唱えたり整理したりしない。意見交換を活発にする(全員の意見が一致してしまう時にわざと反対の意見を言ったりする)役割を虎岩正樹さんにお願いする。そもそも政治イベントに関係のない虎岩さんだからこそ頼んだ。一方的なお願いに応じてくれて感謝。みなさんの参加をお待ちします。

ページの先頭に戻る