平智之の活動ブログ

自治体を1万に分割したらどうなるか?

2015年4月21日 15:51

8時だよツイキャス.jpg

4/11(土)にツイキャス中継を行った。
中継日が統一地方選挙(前半戦)の投開票日前日だったので、遅ればせながらいま内容を報告する。動画は以下。

    動画1はこちら     動画2はこちら

●基礎自治体が大き過ぎる?
テーマは「地方自治体を1万に分割したらどうなるか?」とした。現在約1,700ある基礎自治体(市町村等の最小単位の自治体。以下、単に自治体とする。)の数を5倍以上にするとどうなるか?という問になる。この問いの根っこにはいろんな思いがあるが、ひとつには統一地方選への関心の低さがある。事実、投票率は最低を更新し続けている。生活者が「自治」ということに関心を持たない。自治が身近に感じられないのは自治体が大きすぎるからかもしれない。

●欧州では日本の学区規模が基礎自治体
欧米諸国の基礎自治体の数と人口(2000年前後)は以下のとおり。
・ドイツ⇒ ゲマインデ 約12,000 / 約8,000万人
・フランス⇒ コミューン 約37,000 / 約6,600万人
・アメリカ⇒ シティー等 約20,000 / 約2億人
平均すると欧州は概ね5千人くらいが基礎自治体の人口規模になっている。イングランドのパリッシュも数千人の規模だ。これは日本ならば1学区くらいの規模。ご想像いただきたい。ひとつの学区くらいの大きさがひとつの自治体ならどうなるか?一人住まいの高齢者への配慮、子供の通学路への配慮、道路の陥没補修や信号の敷設など、生活面への政治関与がより行き届いて丁寧になるのは想像しやすい。

●普通の生活者が自治体議員
欧州自治体の実態調査(岡部一明氏)によれば、たとえばドイツの地方部のゲマインデ(基礎自治体)では、村議は村長を含めて7人で年4、5回集まるだけ。それで村道の維持管理、墓や森の管理、街灯、消防、スポーツクラブなどの運営に責任を持つ。給与はないし村役場も不要。既設のコミュニティー・センターで村議会を開く。村長の家に全部書類がおいてあって村の人たちとは村に一軒ある飲み屋でよく議論をする。普通の生活者が村政をみんなで担っているという感じで、まさに自治ではないか。これも規模が小さいからできることだろう。

●日本の自治体の規模は平均7~8万人
ひるがえって日本の自治体は約1億2千万人が約1,700の自治体に住んでいるから、1自治体あたり平均7~8万人となる。大きな自治体である政令市や特別区が100万人規模となるのはご案内のとおりだ。そこでは当然、職業政治家により構成される議会も自治体職員も外郭団体なども用意される。この規模になると自治体議員もご近所さん付き合いとはいかないし市長にすぐに声が届くとは思いにくい。だから生活者からすれば自治というよりは"お任せ感覚"で行政サービスの量と質への期待が中心になるのは理解できる。もちろん多くの大きな自治体でもきめ細やかな素晴らしい行政が実現されているが、少なくとも生活者の自治意識は自治体の大きさと反比例して低下する傾向にあるのではないか。実際、大きな自治体ほど投票率が下がる傾向があるように思うが、どうだろうか。

●自治体と行政組織は別
ちなみにアメリカは基礎自治体あたり平均1万人で欧州より大きいが、要注意なのはアメリカ国土の多くは自治体になっておらず、自治体ではない地域に住む国民が1億人以上存在する。私たちにはわかりにくいが、アメリカでは住民の発意を元に各州の憲法に基づいて自治体が編成されるので発意がない地域は自治体にならない。しかし米国土は原則カウンティ(郡)という行政組織に分割されているので、たとえ自治体がなくても地域の警察もあるし住民サービスもある。自治体ではないだけだ。そんな地域に住む人が1億人以上いる。だから自治体に住む人はそれが自治体だとわかって住むので、欧州よりも大きい1万人という規模でも自治意識が醸成しやすいということもあるだろう。

●グローバル経済と見回り保守の経済
グローバル経済は金融と製造業等で今後とも進化していくだろう。だから"わたしたち"という感覚でもっとも大きな単位である"国"が重要な役割を担うのは必至だ。市場の失敗を国同士の交渉のなかで抑制しなければならない。一方で、"わたしたち"という感覚でもっとも小さな単位である町内会や自治会や学区などには、一人住まい高齢者の安否確認、子供の遊び場・通学路の安全確保、道路や水道やガス等の生活インフラの整備・補修など、"見回り保守"の重要性がますます高まるだろう。その最小単位を現在の特殊な地縁組織から自治体とすれば自治意識がさらに高まるのではないだろうか。グローバル経済と見回り保守の経済を並存させる感覚だ。ちなみに見回り保守の分野がまだまだ未開拓の新しい産業分野であることを私は疑わない。

ページの先頭に戻る