平智之の活動ブログ

日中韓の光

2016年1月21日 22:31

20160121弘法さん.jpg

本日も弘法さんで街頭に立たせてもらいました。
初弘法でたくさんのお参りでした。

●"くらい"(暗い、冥い)ということ
弘法大師はある書物のなかで次のような内容のことを書かれました。
『何度生まれ変わっても始まりは"くらい"(暗い)し、何度死んでも終わりは"くらい"(冥い)』と。何度輪廻を繰り返しても学ばない私たちのことでしょうか。いったいどういう意味でしょうか。

●知恵(智慧)という光があれば
難しいですよね。いろんな解説があるのですが、そのなかに私にもわかるお話があったのでご紹介したいと思います。『暗闇は光(智慧)をあてると一瞬で消えるのだから実は暗闇などない。実際には暗闇など「ない」のに「ある」とあなたが思うのは迷いや無知だ』


●知恵(智慧)という光
"くらい"というのは私たちがそう思っているだけだと。なるほどと思いました。暗闇があるとなぜかその中に恐ろしいものがいるんじゃないかと怖くなるのですが、実は暗闇など存在しないと知っていれば怖くなくなります。お釈迦さんは「無知だから人は暗闇からいろんな欲をつくり出す」と教えられたのでしょうか。知恵(智慧)という光があれば暗闇など消えさるから欲も出てこないと。

●日中韓のこと
この話はいまのアジア外交にも関係しているかもしれません。日中韓のあいだに暗闇があるとします。その暗闇には「中国も韓国も日本を嫌っているから領土を侵略したいと思っている」という「領土侵犯」という怖い生き物が潜んでいると誰かが言います。そして、それは中国から見ても韓国から見ても同じだとします。暗闇ですから「何かがいるかもしれない」といくらでも言えますよね。光を当てなければなんとでも言えます。

●ファッションや歌や自動車や
しかし実際にはどうでしょうか。中国や韓国の人々は個人的に日本を嫌っているでしょうか。むしろファッションや歌や自動車などで日本に好感を持っている人もたくさんいるのではないでしょうか。そして、それは私たちも同じでしょう。弘法さんをはじめ私たちは中国と韓国からいろんなものを貰ってきたのでしょうね。日中韓がお互いにそうならば警戒心は過剰かもしれません。まさに暗闇と無知の仕業かもしれません。だとすると日中韓に知恵という光があれば暗闇は一瞬で消えます。

●今こそ弘法さんの言葉を
ギリシャ経済危機とEU、ISとシリア、集団的自衛権と米国リバランス政策など、昨今の世界の流れを見るにつけ、今こそ弘法さんの言葉を噛みしめたいと思います。そんな思いで本日この場所に立たせていただきました。有難うございました。

ページの先頭に戻る