平智之の活動ブログ

事務所からお知らせ

18歳の有権者への期待

2015年3月22日 01:24

教育現場で民主主義.jpg


講演会『とにかく教育』~18歳の有権者への期待から~は参加者との非常に活発な議論となった。現役の大学生、10歳の娘さんを育てるお母さん、60年と70年安保時代の先輩方、音楽家、そして現職の教師の皆さんから貴重な数々のご発言をいただいた。

本日のツイキャス動画はこちらへ。

私からは主として米国の事例として、チャータースクールのこと、なかでもデモクラシー・プレップ・パブリックスクールのこと、Rock the voteやKids votingのこと、デンマークの高校・大学生への現金給付のこと、そしてフィンランドのオッリペッカ・ヘイノネン元教育相の大改革のことなどを紹介して参加者に議論を求めた。

議論の概要(抜粋)を以下に列記する。
・教育現場で民主主義を教えることは有意義だ
・いや、しかし民主主義をわかっていない先生もいる
・この際18歳以下の若者と一緒に先生も民主主義を勉強しよう
・米国の選挙人登録制度は日本でも有効だ
・いや、逆に登録制度をやると投票率が下がる危険性がある
・選挙は義務なんだから登録しなくても投票できて当然
・教育現場で候補者討論会をやるのもいい
・いや、いきなり政治家の話を聞く前に社会のことを教えるべき
・小中学生にも政治や選挙のことを教えることは有意義だ
・いや、それならば学校という管理のしくみも問題にすべき
など。

印象に残る言葉があった。現職の教師の方から「反知性主義の横行が非常に問題だ」との一言。強く同意する。政治を含めて社会全体に「難しいことを言うな」、「理屈なんか要らない」というような風潮が蔓延している。これでは民主主義は成り立たない。事実を知る努力、論理的に考える姿勢、他者と意見交換する活動がいまこそ大切だ。

3/21(土)18時半、平智之講演会『とにかく教育』

2015年3月14日 00:59

とにかく教育.jpg


●平智之講演会の告知

3月21日(土)平智之 京都講演会を開催します。
参加無料、申込不要です。ご参加をお待ちします。

・テーマ 「とにかく教育」~18歳の有権者への期待から~
・日 時 平成27年3月21日(土) 午後6時半~午後8時
・場 所 ハートピア京都(京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」5番出口)
・参 加 参加無料、事前申込なし
・主 催 平 智之 info@t-taira.net


<内容>

●18歳の有権者
来年夏の参院選挙から選挙年齢が18歳に引き下げられる。その後に公示されるすべての国政選挙、地方選挙の選挙年齢が18歳以上となる。つまり高校生の有権者が誕生する。民主主義とはなにかを高校で教えることになるのだろうか。そして18歳はどのように自分の参政権をとらえるのだろうか。

●米国の選挙人登録制度
米国の大統領選挙には有権者としての登録制度がある。18歳になれば法的には有権者になるが自分で連邦政府に自分が有権者であることを申告しないと選挙人名簿に載らない。日本のように一定年齢に達したら自動的にハガキが来て参政権を行使できる(だから行使しない人が多い)のとは異なる。日本と米国のどちらがいいだろうか。

●大学で政治の話ができない
つい先日、大学生と二人で話をする機会があった。いま大学生同士で政治の話をすることが敬遠されるという話を聞いた。政治的な議論をすることが例えば就職に不利となる認識もあるらしい。だから匿名になりづらいフェースブックから若者が離れているという噂も聞く。60年代、70年代の大学生(現在60代、70代の先輩諸兄姉)がこれを聞いてどう思っているか。

●教育全体について議論したい
以上のような議論を通じて就学前児童の保育と教育、初等教育、中等・高等教育の問題点や可能性をみなさんと議論したい。今回は私の演説を聞いてもらうより参加者との議論を重視したい。就学前の保育・教育から大学教育まですべてつながっている、という考え方で一緒に議論したい。18歳参政権の議論を通じて社会の基盤となる民主主義を問い直すことになるはずだ。

ピケティとベーシックインカム

2015年3月11日 01:14

BIとピケティ2.jpg

2015年3月10日、東京下北沢スタジオベイドにて

●動画はこちら
本日(2015年3月10日)下北沢で『トマ・ピケティの累進課税はベーシックインカムの財源になりえるか?』という討論イベントを開催した。

注)動画は4/5まで公開しましたが皆さんにも会場に来ていただきたいので今後は一部中継のみとさせていただきます。


●意見交換の場
会場いっぱいのご参加をいただき、非常に活発な意見交換の場となった。私も準備で随分調べていったのだけれど、会場の沸騰するような意見交換のなかで、ベーシックインカムについてもトマ・ピケティについても教えてもらうことがたくさんあった。

●スライドを公開するのでお仲間で意見交換を
賛成のありき、反対ありきの集まりではなく、しかし、自由に賛成や反対や、そして素朴な質問ができる場がいま必要だとつくづく思う。そこで本日使用したスライドを公開するのでご利用いただきたい。皆さんのお仲間で意見交換していただきたい。
スライドのpdfファイル⇒BIとトマ・ピケティ_平智之.pdf

●次回は4/14同じ場所で
4回目の3.11の前日にその場づくりをはじめることができた。本日お集まりのすべての皆さんに感謝する。次回は4/14(火)19:30~、同じ場所(下北沢スタジオベイド)。

3/8(日)18時半、平智之講演会「金融危機というビジネスモデル」(第2回)

2015年2月23日 23:37

金融危機というビジネスモデル第2回.jpg


●平智之講演会の告知

3月8日(日)平智之 京都講演会を開催します。
みなさんの参加をお待ちします。

・テーマ 「金融危機というビジネスモデル」(第2回)
・日 時 平成27年3月8日(日) 午後6時半~午後8時
・場 所 ハートピア京都 第4会議室(京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」5番出口)
・参 加 参加無料、事前申込なし
・主 催 平 智之 info@t-taira.net


<内容>

●4カ月の3つの決定
量的緩和をやめる米国、つづける日本、はじめる欧州。
4カ月の間に起こった3つの決定の流れを、金融と通貨をめぐるビジネスモデルとして見てみる。

●負けたら退路がない
少し上向いたGDPと1万8千円を突き抜けた株価は、現況では日銀の"退路を断った"国債等の大量買いに依存している。日銀の緩和継続宣言で日本は「絶対に負けられない試合」の後半戦に入った。政治は自らが描いたこの状態の可能性とリスクを国民に説明する義務がある。うまくいけば結果オーライ。しかしもし負けたら"退路がない"。

●「強いドル」というビジネスモデル
「金融危機というビジネスモデル」(第2回)では、以上のような事態で考えられる90年代の「強いドル」というビジネスモデルについて政治の視点から議論を提供する。

3/10(火)19時半、平智之講演会「ベーシックインカムを考える」(東京第1回)

2015年2月10日 00:12

3月10日東京第一回.jpg

●平智之講演会の告知

3月10日(火)平智之 東京講演会を開催します。

・テーマ 「ベーシックインカムを考える」(東京第1回)
     トマ・ピケティの累進課税はBIの財源になえりるか?

・日 時 平成27年3月10日(火)午後7時半~午後9時半
・場 所 スタジオ・ベイド下北沢店Fスタジオ
     東京都世田谷区代沢5-8-14 岩城ビル地下1階
     TEL:03-5432-0040 
・参 加 参加無料、事前申込なし
・主 催 平 智之 info@t-taira.net


<内容>
●高所得者から多く徴税する発想
高所得者ほど高い税率をかけるのが累進課税。だから累進課税を強くすると高所得者から高所得者でない人へたくさんのお金が移動する。(役所がきちんと配ればだが)トマ・ピケティはこの累進課税を使って拡がり過ぎた格差をすこし戻すべきだと主張している。具体的には有資産者が銀行預金や証券などで有している"金融資産"に課税する、あるいはものすごく高い報酬を受け取っている人にもっと多くの税金を課すというしくみを"世界で一緒に"やるべきだと主張している。いま世界で賛同と異論の声が同時にあがっている。

●ベーシックインカムでも累進課税に期待感
一方、「仕事しているかどうか、財産があるかどうかに関わらず、国が個人に最低限の収入を無条件で保障する」というベーシックインカムについても、高所得者・有資産者からの税金を財源にすべきだという意見が以前から多くあった。ここにも賛否両論がある。

●トマ・ピケティの累進課税はベーシックインカムの財源になるか?
「ベーシックインカムを考える」(東京第1回)ではまず私から次の話題を提供したい。
1 ベーシックインカムとはなにか?
2 私が考えるトマ・ピケティのr>g
3 累進課税をベーシックインカムの財源にすることの明と暗

そして後半では「トマピケティの累進課税がベーシックインカムの財源になりえるか?」ということについて参加者との意見交換を行いたい。

トマ・ピケティの「21世紀の資本」に詳しい方、ベーシックインカムに関心のある方(反対の方も)を含めていろんなご意見のみなさんに参加いただきたい。お待ちします。

1/31(土)京都、平智之講演会「ベーシックインカムを考える」(第3回)

2015年1月13日 18:21

ベーシックインカムの論点.jpg


●平智之講演会の告知
1月31日(土)、平智之講演会を開催します。

・テーマ ベーシックインカムを考える(第3回) 『財源はどこにあるのか?』
・日 時 平成27年1月31日(土) 午後6時半~午後8時
・場 所 ハートピア京都 第5会議室(京都市営地下鉄「丸太町駅」5番出口)
・参 加 参加無料、事前申込なし
・主 催 平安の明日をつくる会(代表 平 智之)

●6つの論点
ベーシックインカム(以下、BI)について第三回目の講演会を開催します。
今回は、第一回で述べた「働く自由」について、第二回で触れた「BIの財源」を含めて以下の諸点について私の考えを述べます。

論点1:BI(例えば月5万円)をもらうと人は本当に働かなくなるのか?
論点2:年金財源を心配する年金受給者と対立しないか?
論点3:生活保護制度が軽視されると言われるが大丈夫か?
論点4:BIと医療制度改革との関係は?
論点5:BI(例えば成人5万円/月、子供2.5万/月)の予算規模はどれくらいか?
論点6:論点5で見積もるBI財源はどこにあるのか?

●年金との関係を慎重に
特に昨日(1/12)政府から示された平成27年度予算案での年金財源の増額(増え続ける年金)とBIの関係については慎重な議論が必要です。現在、厚生または共済年金等(2階建から上)を受給する人口、ならびにその保険金を会社と折半で負担している人口(配偶者である3号被保険者含む)の合計が約7,000万人。この層は「もし厚生・共済年金の財源を削るならBIに賛成しない」可能性が高く、かつ投票率も高いことはご案内のとおりです。ですから「年金をやめてBIへ」という考え方は政治的に成り立たないでしょう。

●生活保護及び医療分野との関係
以上のような年金とBIの関係を、同じように「生活保護制度とBI」及び「医療とBI」にもあてはめてみて現在私が考えることを述べます。加えて「税制とBI」についても考えを述べたいと思います。

●賛成の方も反対の方もご参加を
みなさんとの自由な討論から学びたいと思っています。一人でも多くの皆さんのご参加をお待ちします。賛成の方も、反対の方も、ベーシックインカムに関心のあるすべての皆さんのご参加をお待ちしております。

【告知】12/20、京都18時半、『選挙直後だから考える、政治と選挙のあり方』

2014年12月18日 21:54

1220イベント告知用写真.jpg

三条河原町のスピーカーズコーナーで有権者と一問一答

●選挙直後だから考える
直前の急なお知らせとなりますが、今回の選挙を振り返り、今後の政治と選挙のあり方を展望する会を開催します。選挙直後だから考えたい。

・突然の選挙でなにが見えたか?
・本来の選挙とはいかにあるべきか?
・政治は変わろうとしているか?
・新しい政治に向けた展望はあるのか?

●20日(土)午後6時半~
・日 時:12/20(土)午後6時半~8時半
・場 所:ウィングス京都・2F・ビデオシアター
・テーマ:新しい政治と選挙を考える
・主催者:「平安の明日をつくる会」代表 平智之

●投票に行った方も行かなかった方も
・投票に行かれた方はもちろん、
・投票に行かなかった、行けなかった方、
・投票に行ったけれども白票だった方など、
みなさんのご来場をお待ちします。

参加無料、事前受付不要です。

選挙車に乗って(ボランティアさんのレポート)

2014年12月11日 01:17

選挙カーに乗って.jpg

選挙戦9日目、2014年12月10日の街頭演説


12月10日、夕方から、平智之さんの街宣活動に参加した。今日走る場所は、主に南区。洛南高校で青春時代を過ごした平さんのホームグランドだ。「私に残された選挙活動もあとわずか。一軒、一軒のお家に訴えるつもりでまわります!」気合いは充分だ。
ライトアップした東寺の美しさに思わず息をのむ。おでんやクリームシチュー、夕げの香りが漂う中を、狭い路地をゆっくりと進んでいった。
「平智之、無所属で立候補しています!この選挙は、アベノミクスが争点ではありません。日本が戦争に突き進むのか、戦争を止めることができるのかが問われているのです。
私たちの力で、止めようではありませんか!」気迫がこもった演説に、道行く多くの人が手を振ってくれる。そして選挙カーが小さな商店街に入っていったとき、たくさんの温かい声援に迎えられた。お店のシャッターを開けて、ご夫婦で待っていてくれた魚屋さん。「がんばって!」と、手を振ってくれたおだんご屋のおかみさん。「平、ええぞ!頑張りや!」と、大きなガッツポーズをしてくれたおじさん。2階の窓から「平さん、応援してま~す!」と叫びながら手を振ってくれたのは、二人の若者だ。「平くん、平くんに1票入れてきたからね」と、買い物帰りの支援者が語りかけたとき「ありがとう、ほんまにありがとうございます!」と、平さんは感極まって涙ぐんだ。
 「今日は、別のルートを走ろうと思っていたのです。でも、誰かが待ってくれているような気がして、引き返しました。そしたら、あのおやじさんが店の前で待ってくれていた。選挙では、ときおりこのような不思議なことが起こります」。
 最初の街宣では、1枚も受け取ってもらえなかった平さんのチラシ。今日は、ほんの数枚だけど受け取ってもらえた。じーっとお話しに聞き入っていた女性。「平くんに、頑張ってって伝えておいてね」と、笑顔で立ち去った。自転車を止めてチラシを受け取ってくれた女性からは「平さんは、今どこに所属しているのですか?」と問いかけられた。「平は現在無党派で立候補しています。国会議員になった暁には、超党派で頑張らせていただきますので、どうかご支援をよろしくお願いします」と答えると「了解」と、うなづいてくれた。私もスタッフとして、少しは成長できただろうか?
 「お母さん、邪魔してごめんなさいね。どうぞ先に行ってください」「お父さん、お仕事ご苦労さまでした」「ワンちゃん、びっくりさせてごめんなさい」。演説の最中にも、道行く人への気配りを欠かさなかった。明晰な頭脳と強い信念、そして優しい心を持った平さん。政治家として、これ以上にふさわしい人がいるだろうか。このような人に国政を担ってもらいたいと心から思った。
 「選挙では、ときおり不思議なことが起こります」と、平さんは言った。私たちは、あといくつのドラマに遭遇するのだろう。それは誰にもわからないけれど、無我夢中で走り続けていこう。ただひたすら、勝利を信じながら......。

無所属の平が勝つために

2014年12月 8日 00:27

DSC_0399.jpg

ネットで見て街頭演説に来てくれた大学生からビラの政策について質問を受ける


12/7 6日目

●平を選んでもらえるかどうか
朝一番から自転車。
下京区、中京区の方々にお会いした。
「平が立候補した」という点は浸透している。
問題はその平を選んでもらえるかどうか。
これからが本番だ。
18時半から河原町御池で街頭演説。
※本来は18時から三条河原町の予定が現地の事情で変更
ツイキャスで中継。

●無所属の平が勝てば日本の政治は変わる
私からは、
自民が圧倒的に有利な情勢で
無所属である私が勝てば日本の政治は変わる。
しかし私一人が喉を枯らしても無力だ。
みなさんと一緒に闘いたい。
みなさんと一緒に勝利して日本の政治が変わる。
無所属の平が勝つために力を合わせたい。
と主張。

●自慢話されても困る
その後、
ネットでの質問、
ネットで見て来場してくれた方からの質問、
たまたま通りかかった方々から質問をいただく。
「具体的に何をしてくれるのか?」
「もんじゅ100億カットしたなんて自慢話されても困る。」
「実感として私たちの生活を良くしてくれるのか?」
鋭い質問でしどろもどろだったと思うが自分の考えをまっすぐに述べた。
国政選挙の街頭演説でこのような質疑応答が実現できた。
質問者に感謝したい。

●お金の流れ
私からは、
「実感がないのはこの京都でお金が廻っていないからだ」
「お金は国際金融で地球上を廻っている」
「地球上のお金の流れと京都のお金の流れを切らなければならない」
「その政策のアイデアはある」
という主旨の話をした。

●政治を変える種火
過去3回、国政選挙をしてきたが、こんなに自由闊達な選挙戦は初めてだ。
ともに活動してくれるボランティアのみなさん、ネットでご意見をくださるみなさん、街頭演説で質疑応答に参加してくれるみなさんが、これからの政治を変えると種火になると確信する。

ボランティアさんのウグイスさん

2014年12月 6日 04:28

自転車に乗り換え.jpg

12/5 4日目

●朝8時から動画撮影
朝一番は京都駅八条口。ボランティアでネットを担当くださる方が動画を撮影してくれた。その後、別のボランティアさんと1時間半選挙カーに乗る。

●ウグイスさんに
そのボランティアさんに車上で話すことを伝授して、いきなりだったが、その方にその後のウグイスさんを任せた。私は車を降りて自転車に乗り移る。

●多くのことがわかった
今回の選挙では、できるだけボランティアさんにも選挙の最前線を見てらいたいと思う。数時間一人でウグイスをされたボランティアさん曰く「すごく多くのことがわかった。事務所で証紙貼だけしていたらわからなかった。」

●明日から自転車で
明日より選挙カー&街頭演説から自転車に切り替える。一人でも多くの有権者の意見を聞きたい。

ページの先頭に戻る